読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

無料立ち読み『身内が憎くてたまらない!!』|【第2話】 依存症の女たち~風俗依存症~ ネタバレ感想|伊東爾子

くらし・生活 短編 身内が憎くてたまらない 家族
スポンサードリンク

身内が憎くてたまらない 表紙と公式あらすじ

 

<画像クリックで無料立ち読み>

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩

 

 

著者 : 伊東爾子

出版社 : 竹書房

 

< 公式あらすじ|ストーリー >

やめるのなんか簡単……お金が簡単に稼げるのに、どうしてやめるの?
お金のための風俗が、次第に逆転していて…

 

 

 

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

 

 注意 : 検索窓に” 身内が憎くて ”と入力してくださいね。

 

 

身内が憎くてたまらない 第2話(依存症の女たち~風俗依存症~)あらすじ

 

この話は、実在する方の体験を元に構成されている。
島田彩加はコンビニでバイトをしながら、人妻デリヘルで働く32歳

 


元々は結婚の約束をしていた男性にお金を騙し取られたことから多額の借金をしてしまい、風俗で働くことになった。

 


借金の返済が終わって、やめることになっても結局また風俗店で働くことになってしまう。彩加はどうしてやめることができないのだろうか?

 

 

 

 


身内が憎くてたまらない 第2話(依存症の女たち~風俗依存症~)

ネタバレ

 


島田彩加は、普通にOLとして働く女性だった。20歳のころ、結婚の約束をしていた彼氏にいろいろと理由をつけられ、彩加の名義でサラ金から結婚式のための資金100万円を借りることになる。

 

 

しかし、その彼氏が100万円を持ち逃げしてしまった。

 

f:id:maclovelove:20161116220109j:plain


一人で返済しなくてはいけなくなり、困惑した彩加はふと、レディコミの広告に目が行く。月100万可能と書いてあった。そのお店はソープランドだった。

 

f:id:maclovelove:20161116222222j:plain

 

そこの社長と面接をするが、決意が持てず帰宅する。しかし、帰宅後に社長からの連絡。

 

「俺を信じろ」

 

その言葉に、彩加は働くことを決意する。

 

 

 

その日から3日間、彩加は講習に入った。

 

講習の最後になる頃には、社長の虜になっており、褒められたいという気持ちが強く動くようになった。

 

初めての客についた日は、優しい客だったため緊張していた彩加に対し、世間話で終わらせてくれた。

 

それからは緊張もとけ、仕事をすることができた。


店が終わると社長は彩加をいろいろなところに連れて行ってくれた。

 

客を取るたびに社長が褒めてくれる。100万円の返済はとうに終わっていたが、社長に褒められるためだけに続けていた。

 

社長への依存が強くなってきたある日、社長にお金を貸してくれないかと言われる。


金額は50万。


彩加は月収が200万くらいだったため、悩むことなく貸した。

 

 

もちろん返済は一切なかったが貸し続けた。しかし、社長が彩加から借りたお金を他の女の子達の食事代や借金返済に当てていることを知ると、一気に社長への気持ちが冷め、1千万円を稼いでから仕事を辞めることにする。

 

 

 

その後、1年留学を果たし、就職して彼氏もできて普通に生活をしていた。

 

しかし、胃潰瘍で入院し、入院費を支払うために彼氏に通帳を託してお金を降ろしてもらおうとしたが、彼氏が通帳を持ち逃げしてしまう。

 

さらに、彩加の免許証を持ち出して、サラ金から200万の借金をしていたのだ。

 

そして以前とは違う風俗で働くことにする。ソープランドでの経験から、すぐにナンバーワンになる。

 

しかし、巨乳の女性が入店してくると、すぐにナンバーツーになってしまった。200万はすぐに貯まって返済したが、彼女に勝つために続けた。

 

しかし、いくら頑張っても勝てず、お金を貯めて豊胸手術を受けることにした。

 

f:id:maclovelove:20161116222402j:plain

 

豊胸手術でお金を使い果たしてしまった彩加は、今度は次の仕事のためにWebデザインの勉強をしながらデリヘルで働く生活を始める。

 

巨乳と、もともとの童顔のおかげで大人気となり雑誌、グラビアインタビュー、スポーツ新聞、ラジオなどの出演を果たす。

 

もともと学費が目的でデリヘルをしていたが、忙しさで学校へ行かなくなってしまう。

 

そんなある日、デリヘルの運転手に木刀で脅され、売上金をすべて盗まれる事件が起こる。恐怖を感じた彩加はデリヘルをやめることにした。

 

それからは普通に生活していたが、30歳を越えると仕事がなくなってしまい、結局また風俗の仕事に戻ってしまったのだ。

 

「お金がなくなったら風俗で働けば良い。」

 

そんな考えが彩加に染み付いてしまった。

 

 

身内が憎くてたまらない 第2話(風俗依存症)感想

 

風俗の仕事は給料が高いため、普通の仕事よりも簡単にお金が手に入ってしまいます。
その感覚で他のところで地道に頑張るのは難しいのかもしれませんね。

 

怖い思いをしても続けてしまう彩加はまさにその典型的なパターンだと思います。
これは実話から構成された話なので、もし同じ状況の方がいれば共感できるのではないでしょうか?

 

自分の未来の家族のためにも早く風俗から足を洗って地道に稼ぐことを覚えなくてはいけませんね。お金を稼ぐことは大変です。

 

 

 注意 : 検索窓に” 身内が憎くて ”と入力してくださいね。