あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

あらすじ『美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~』|【第4話 情け無用】無料立ち読み|藤森治見

スポンサードリンク

美醜の大地~復讐のたいに顔を捨てた女~ 表紙と公式あらすじ

 

f:id:maclovelove:20161125222223j:plain

 

著者 : 藤森治見

出版社 : ストーリーな女たち

 

 

< 前話あらすじ|ストーリー >

 

醜い容姿が原因で酷いいじめにあっていたハナ。

整形手術をして別人の顔に・・・いじめていた人に復讐を果たすために、その彼女の会社に就職。

自分がハナであることを隠して見事に再起不能になるまで復讐を果たした…

 

➡第2話のあらすじはコチラ!!

 

 

 

 

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

 

 注意 : 検索窓に” びしゅうの ”と入力してくださいね。

 

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~」の情報


「本当にあった笑える話」「まんがグリム童話でおなじみのぶんか社が、電子コミックにて発行する社会派ヒューマンコミック誌「ストーリーな女たち」に掲載されていた、藤森治見さんによる作品です。

 


ある女性のドラマチックかつ凄惨な生き様を描いています。

 

 

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【第4話 情け無用】」のあらすじ

 


次のターゲットは瀬尾サチ。

 


日本に着いたあと両親を失い、借金を抱え身体を売って生きてきたサチ。
身体を売る中で誰のともわからない子を身ごもり、ようやく祖母の元に身を寄せます。

 


祖母に息子を預け、札幌で仕事を探していると、偶然に樺太時代の同級生である絢子と再会します。
メイドとして絢子に雇われるようになったサチでしたが、それはただのメイド業ではありませんでした。

 

 

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【第4話 情け無用】」のネタバレ

 

 

女学校時代、常に成績トップだったハナ。
昔からずっと成績が一番だったサチは気に食わず、サチの教科書を破き、蹴り飛ばします。

 


出来損ないの不細工のくせに、自分より成績が上なのが許せないと言うサチ。

 


ハナが乗った船が沈んだとの一報を聞いた時も、他の女生徒たちが少なからず動揺する中、

 

「みじめに死ぬのがお似合い」

 

とほくそ笑んでいたのでした。

 

 

 

場面は変わり、全裸で縛られるサチ

f:id:maclovelove:20161130171131j:plain

彼女はお金のために、白井と言う男の言いなりになっていました。

人間としてあり得ない侮辱を受けますが、愛する息子を思い出し耐えます。

 

 

 

 

再び場面は変わり、ハナと菊乃が車中で会話しています。

 

ハナは、菊乃に

 

「事故とはいえスミ子を死なせてしまったことを後悔しているのではないか」

 

と問われます。

 

 

最初から殺すことも厭わないつもりだった、復讐を一人でもやり遂げると言い、菊乃の元を去るハナ。

 


彼女はサチの息子である進司の元へ向かいます。

 

 

 

 

サチが電車に乗る場面。回想シーンになります。

 


通常のメイドの3倍の給料をもらい、絢子の夫である白井の異常性癖に付き合わされるサチは、両親が多額の借金を抱えたまま自殺し、生きるためと借金を返すために身体を売って生活していた中、誰のかわからない子供を身ごもります。

f:id:maclovelove:20161130171439j:plain


それが息子の進司でした。

 

 


やっとのことで旭川の祖母の元に身を寄せ、進司を旭川の祖母に預け、札幌で仕事を探していた時に偶然に絢子と出会い、彼女のメイドとして雇われることになります。

f:id:maclovelove:20161130171900j:plain

 


昔の女学生時代のように幸せな日々が戻ってくると期待に胸を膨らませるサチでしたが、実態は白井の「お人形」として縛られ、鞭で打たれ、いたぶられるという凄惨なものでした。

 

 

絢子から受け取ったお金を持って、祖母と進司の元に戻ったサチが旭川の街を歩いていると、目の前から見知った顔が歩いてきます。

 


それは、進司の血にまみれたセーターを持ったハナでした。

f:id:maclovelove:20161130172043j:plain


進司に何かあったのかと激しく動揺し、走り出したハナを追いかけるサチ。
必死に追いかけていると後ろから殴られ、気を失います。

 

 

気づくと彼女は沼のある樹海のような場所にいました。

 


目の前に再び現れたハナが無言で指し示すほうを見ると、血まみれで池に浮かぶ進司の姿が。

f:id:maclovelove:20161130172156j:plain


泣き叫び、進司の元に向かうサチでしたが、それは進司ではなく、彼に似せた人形でした。

 


ほっとしたのもつかの間。サチは沼に沈みはじめます。
助けてと言う彼女に、ハナは語り始めます。

 


「この辺りにはアイヌの伝説があるのよ 罪なき人々を傷つける邪悪な妖刀を沈めた 底なし沼があるんですって」

 

 

まだ小さな息子のために死ぬわけにはいかない、と助けを乞うサチに、「私の小さな弟は 誰が殺したの」と言うハナ。

 


大きな石を持ちあげるハナに、サチは絶叫します。

f:id:maclovelove:20161130172322j:plain

 

 

 

 

場面は変わり、記者・綿貫がスミ子の生前の部屋を訪問しています。

彼は前回、スミ子の事件に関連していると睨んだハナの手がかりを探しに来たのです。

 

 

本棚からスミ子の樺太女学校時代の写真を見つける綿貫。
そこには笑顔のスミ子とうつむくハナが写った集合写真がありました。

f:id:maclovelove:20161130172733j:plain

 

 

 

 

場面は樹海に戻ります。
人形を抱え、号泣するサチ。

 


そう、彼女は生きていました。

 

 

そして、復讐が完了したターゲット一人一人の顔にナイフで傷をつけていた女学校時代の写真。

それを見つめ、涙を流すハナ。

 

 

サチが一番苦しむことは何かわかっていたはずなのに、小さな弟を思い出し、無邪気に笑う進司を・・・そして、その母親であるサチをどうしても自分は殺せなかったとやってきた菊乃に告げるのでした。

 

 

 

 

最後の場面。


異常性癖を持つ白井は絢子にもサチと同じことをしたいと思っていました。

 


しかし、白井に付き合うと言った絢子は逆にその手に鞭を持ち、白井を冷たい目で見つめています。

 


恍惚とした表情で、絢子にぶたれることを待ちわびる白井。

 

そこに綿貫から絢子宛てに電話があったとメイドが告げに来る場面で、第4話は終わります。

 

 

 

「美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【第4話 情け無用】」の感想


復讐の鬼から、少しずつ人間らしさを取り戻していくハナ。
憎くて仕方ない相手でも、子供の母親であるサチとその息子、進司を手にかけることはできませんでした。

 


サチとは対照的に、無表情で眉一つ動かすことがない絢子。
彼女がハナをいじめた理由は何なのか、そして今後迎える復讐のクライマックスはどうなるのか。

 


続きが気になります。

 

 

 

 注意 : 検索窓に” びしゅうの ”と入力してくださいね。