読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

無料立ち読み、まんが『マッシュルーム』1巻 小池ノクト|第2話『拡散』あらすじネタバレ

サスペンス ホラー マッシュルーム ミステリー 青年
スポンサードリンク

『 マッシュルーム 』 表紙と公式あらすじ

著 者 : 小池ノクト

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >


「人間なんざ単なる獲物にすぎないんだよ」

 

20世紀末、南太平洋某所で製薬会社の資源調査チームが遭遇した、奇妙で凄惨な殺戮劇。

 

時は流れ現代・東京。

高校生・橘倫は、一家心中の舞台となったアパートを訪れた帰り、死んだはずの男とすれ違う……!!

 

ノンストップ侵食ホラー、開幕――!!!

 

 

 

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

 

 注意 : 検索窓に” マッシュルーム ”と入力してくださいね。

 

 

 

コミック『マッシュルーム』 第2話 拡散 あらすじ

 

大手製薬会社の遺伝資源調査の為に南の島のジャングルにいる調査隊。

 

日が暮れ始めたので原住民の首狩り族・ボワヤ族の村に宿泊しようと村へたどり着くと、そこには惨殺された村民の死体がゴロゴロ転がっていた。

 


『マッシュルーム』第1話のネタバレはコチラ!!

 


一夜をやり過ごそうと、ボワヤ族の小屋に身を寄せている調査隊。


すると、その小屋に生き残りのボワヤ族生き残りの男の子が一人隠れていた。

 

その後その小屋は何者かの襲撃に遭い、火を点けられてしまう。

 

一体誰が襲撃してきたのか?

 

 

 

場所は現代の東京へ変わり、一軒のアパート…
そこには自殺した男の腐乱死体が…

 

 

 


コミック『マッシュルーム』 第2話 拡散 ネタバレ

 

 

ジャングルの中で皆既日食中に何者かに襲われかけた調査隊。


ガイドのトゥイと密猟していた青沼が皆既日食を境に姿を消してしまった。


その日にキャンプまで行くことが無理と判断した調査隊は、首切り族原住民・ボワヤ族の村で一夜を過ごすことに。

 

f:id:maclovelove:20161214214605j:plain


村へ着くと、そこには胴体が千切れたり、口が真っ二つに裂けたりした死体が辺り一面に転がっていた。


日が暮れ始めていたので、村の中にある小屋で夜を迎えることにする一行。

 

f:id:maclovelove:20161214224503j:plain

 


小屋の中で、ボワヤ族の惨殺について話し合いを始める。

 


この惨殺には2点の不可解な点があった。

 


一点目は、弓矢などの武器が使われていないという点、武器を使わずに戦争をすることはこの地域では考えられない。


二点目は、女性も皆殺しにされている点…子孫を残すために貴重な女性をお構いなしに殺している。

 


そんな話をしていると、小屋の奥から

 

ガタッ

 

と音が…

 

f:id:maclovelove:20161214224944j:plain

木の棒を握りしめて小屋の奥へ行くと、ボワヤ族の生き残りと思われる男の子が座っていた。


食料を与えると、安心したのか食料を食べて寝てしまう。

 

 

 

深夜…突如弓矢が小屋に打ち込まれる。
ボワヤ族の残党が襲いに来たのだろうか?

 

f:id:maclovelove:20161214225111j:plain


弓矢を避けるように部屋の反対側に移動をしてやり過ごそうとするが、今度は小屋に火を放たれてしまう。


全焼する前に小屋を脱出する調査隊とボワヤ族の子供。

 

f:id:maclovelove:20161214225355j:plain


襲撃してきた連中に取り囲まれてしまう。


しかし、取り囲んでいる連中は何かに怯え始めた。

 


その視線の先には…ボワヤ族の男の子…

 

きいいいいいいいあああああ

 

けたたましい悲鳴にも似た叫び声。

 


次の瞬間、ボワヤ族の子供はジャンプすると囲んでいた連中の一人の首を一斬りに切断。

 

f:id:maclovelove:20161214225615j:plain


弓矢で応戦するが、次のターゲットの顔にしがみ付くと頭蓋骨を両手で挟んでグシャグシャにしてしまう…

 

 

 

『マッシュルーム』 第2話 拡散 ラスト結末

 

場所は変わって、現代の東京…
アパートの管理人(タチバナ不動産)と警官がアパート一室の前にいた。

 

f:id:maclovelove:20161214214945j:plain


部屋から異臭がすると住民からの苦情で来たのだった。


部屋の鍵を開けると、鼻を手で塞いでも臭ってくる腐敗臭がムワッとしてくる。

 


部屋の中には殺されたと思われる母子の遺体と、ドアノブに縄をひっかけて首を吊っている全裸の男の死体が。

 

f:id:maclovelove:20161214225847j:plain

 

自殺をしていたのは、工藤というアパートの住人で、無理心中したという事がわかった。

 


アパート管理をしているのはタチバナ不動産。
経営者であるお爺さんが、アパートの後処理をどうするか会社に帰り、電話で相談していると孫の倫(りん)が学校から帰ってきた。

 


倫がご飯を作っていると、お爺さんはアパートの一件を話し始めた。

「馬鹿なやつ」

倫はこう言い放つ。


「道連れにして自殺するくらいなら、最初から結婚して子供なんか作らなきゃいいのに」


そう言いながら手際よく料理している。

 


出来上がった料理を食卓でお爺さんと食べていると、再び自殺したアパート住人の話に。

 


大人の事情があったんだろうとお爺さんは話すのだが…そのうちに倫の母親の話になり、

 

「女の幸せは男次第、オマエの母さんだって何も悪くなかったんじゃぞ、あんな男に引っ掛からなかったら…」

 

お爺さんがそう言いかけたところで、ご飯もそこそこに倫は立ち上がり、クリーニングに出していたシャツを取りに行くと家を飛び出して行った。

 

 

 

飼っている犬と一緒にクリーニング屋に向かっている道中、事件のあったアパート前を通りかかる倫。

 


テレビドラマで見るような立ち入り禁止のテープがドアの前に貼られていた。

 

f:id:maclovelove:20161214230121j:plain


そこで、飼っている犬がある男の方を向いて吠えまくっている。


その男は前から倫の方に向かって歩いてくる。
犬は倫が制止しても吠えるのを止めない…

 

f:id:maclovelove:20161214230211j:plain


倫の横を通り過ぎるその男の顔は…自殺した工藤そのものだった…

 

 


『マッシュルーム』 第2話 拡散 感想

 

第2話では、ジャングルからいきなり現代の東京になったりして戸惑う所がありました。

ジャングルで何者かに襲われる場面では、万事休すという感じで、ハラハラ。

ボワヤ族の子供が取り囲んでいる連中を襲ったあと、探検隊がどうなったのかものすごく気になります。

 

東京の場面に変わってからもアパートの死体が出てきたりと、不可解な事件が。

ジャングルの場面と東京がどうリンクするのか楽しみです。

 

 

➡第3話のネタバレはこちらです。

 

 

 注意 : 検索窓に” マッシュルーム ”と入力してくださいね。