あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

まんが『心を病んだ女たち~ひだまりの処方箋~』1巻 福田素子|第5話 『潮の満ちを待って』 あらすじネタバレ

スポンサードリンク

『 心を病んだ女たち~ひだまりの処方箋~ 』 表紙と公式あらすじ

著 者 : 福田素子

ストーリーな女たちシリーズ

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >


心療内科「日向ハート・クリニック」の院長、日向先生は傷ついた患者さんの心を癒やしてくれる名医!

 

ストレスからうつ病になってしまった主婦や、パニック発作にかかるキャリアウーマンなど、さまざまな症状の患者さんを診察。

 

表題作シリーズのほか全5作品を収録。病気に悩む女性たちの悲痛な叫びを描きます!

 

 

 

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

 

 注意 : 検索窓に” 心を病んだ ”と入力してくださいね。

 

 

 

 

心を病んだ女たち 第5話(潮の満ちを待って)あらすじ


「佐々木産婦人科医」の女性医師の永井は、“中絶の腕だけはいい”と評判の医師だった。

 


ある日、東西病院の看護師の庄司沙織という患者を中絶させたことで、その病院で「名産科医」と言われる中川に目をつけられた。

 

 

新しい命を大事にしてほしいという考えの中川と、女性の事情を察して中絶をする永井は考え方が正反対だったが、中川は永井のことをもっと知りたいという。

 


そして、ある事件をきっかけに急接近した二人。

 

 

中川は永井の隠していた秘密を知ることになる。
彼女が何も聞かずに中絶に応じる理由とは何なのか?

 

 

 


心を病んだ女たち 第5話(潮の満ちを待って)ネタバレ

 

「佐々木産婦人科医」に勤める女性医師の永井裕美はまだ若いが、“中絶の腕だけはいい”と評判だった。

 

f:id:maclovelove:20161230005303p:plain

 


理由は深く聞かないが、中絶に応じてくれることやその後のケアもしっかりとしてくれるためだった。

 

 

 

ある日、看護師1年目の庄司沙織という患者を中絶させた。

 

 

f:id:maclovelove:20161230010125j:plain

 


そのことで、東西病院の産科医として働く中川が「なぜ中絶させたのか。」と問いただしに来た。

 


その日は、深い理由については教えず追い返すことで終えた。

 

 

東西病院では、中川は庄司に永井先生を悪く言うのはやめてください。」と言われる。

 


なぜそんなにも永井を庇うのか気になった中川は、佐々木産婦人科の医院長である叔父に頼み、永井を食事に誘った。

 

 

お見合いだと言われて来た永井は中川と会話することを避けようとする。
しかし、しつこくついてくる中川に対して、諦めたのか自分が常連として行く店へ中川を連れて行った。

 


そこは、風俗街にあるため、風俗嬢が多く来ていた。永井はそこの風俗嬢たちが“失敗”しないように助言を与え、体調管理をしっかりとさせていたのだった。

 

f:id:maclovelove:20161230010315j:plain

 


永井の元にはよく風俗嬢の女性や、その友達などもよく訪れる。

 


中絶を経験している彼女たちがこの先に妊娠できなくなってしまわないように、しっかりと助言を与え、検査もさせるようにしていた。

 

 

いつものように診察していると、非番だという中川がやってきて、ご飯を一緒に食べることになった。

 


「あなたに会いたくなって…」そういってやってきた中川に永井はどうしても赤面してしまう。

 

 


突然男がなぜ自分の子どもを中絶させたのか、と抗議しにやってきた。

 

f:id:maclovelove:20161230010603j:plain

 

 

その男は、庄司の彼氏の神崎だった。

 


永井に掴みかかる神崎を中川が必至で止めた。

 

 

助けてもらった永井は、お礼をするために中川を自宅に呼んだ。そして、庄司のことを話し始めた。

 


庄司は「お互いの夢を中断したくない」という思いから中絶に踏み切ったのだった。

 


永井はモグリの医師にかかって失敗してほしくない。」という思いから、様々な事情の女性の中絶を手助けしていた。

 


自身が若いころに親にバレたくないという一心から闇医者で中絶し、後のケアが悪かったため子宮を切除しなければならなくなってしまったのだった。

 

f:id:maclovelove:20161230010721j:plain

 


自分のような女性を少しでも減らしたい、経験した女性ならではの考えだった。
それを聞いた中川は「これからあなたを一人の女性としても見ていきたいと思えて」と伝える。

 

 

永井は自分の気持ちに何か温かいものを感じたのだった。

 

 

 

 

心を病んだ女たち 第5話(潮の満ちを待って)感想


海外では、性教育を小学生のうちからするところもあるそうです。

誤った知識で苦しむことのないように、との考えからコンドームも配布されるのだとか。

 

日本でも、10代のまだ結婚もできないような年の女の子が中絶したりしています。

 

中絶は「殺している」という考えのほうが多いですが、この話は「女性のこれから」について描かれたものでした。私自身、「殺している」という考えを持っています。


もちろん「殺している」のですが、この漫画で「新しい命のため」という考え方もあるんだな、と思いました。

 

簡単に中絶はしてほしくないと思いますが、妊娠について考えさせられる話でした。


避妊方法などについても詳しく描かれている部分があったので、知りたい方にはいいかもしれませんね。

 

 注意 : 検索窓に” 心を病んだ ”と入力してくださいね。

 

【 無料立ち読みする方法 】

  1. 上記リンクをクリックすると、「まんが王国」のサイトへジャンプします。
  2. その後、検索窓に” 心を病んだ と入力して検索します。
  3. 「まんが王国」サイト内の下記ボタンを押すと無料立ち読みすることができますよ。 

 f:id:maclovelove:20161223090304j:plain