読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

まんが『監禁嬢 第7話』あらすじネタバレ|河野那歩也|教室での情事…そして

スポンサードリンク

『  監禁嬢 』 表紙と公式あらすじ

f:id:maclovelove:20170101065024j:plain

著 者 : 河野那歩也

掲載雑誌: 漫画アクション

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >

 

高校教師、岩野裕行には愛する妻がいて、子供も生まれたばかり。
生徒からの信頼も厚く、満たされた日常を送っていた――はずだった。

 

目覚めると全裸で監禁状態。
そして現れたのは「カコ」と名乗る見ず知らずの女。

 

男の日常は陵辱されていく。

「私はだーれだ? 思い出すまで許さない」

 


―戦慄のエロティックサスペンス開幕!!

 

 

 

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

 

 注意 : 検索窓に” 監禁嬢 ”と入力してくださいね。

 

 

 

 

ミステリーまんが「監禁嬢」第7話のあらすじ

  

第6話では、岩野の幼少期に女性との接し方についての回想シーン、日常に戻ったこと・誰にも言えない秘密を抱えてしまったことへの葛藤が描かれていました。

 

➡第6話のあらすじネタバレはコチラ!

 

第7話では、弱みを握られている教え子・麻希との情事が教室で繰り広げられます。

麻希も”カコ”と一緒で、かなりのS(サイコ)なんです。

 

 

 

 

まんが「監禁嬢」第6話のネタバレ

 

 

教室に引きずり込まれた岩野は、教え子の麻希が上に乗っかっている状態。

 

「麻希は、先生の命の恩人だよ…

だから2人の事は麻希が決めるの」

 

小屋で麻希から助けてもらうときに約束したことが現実に迫ってきている。

 

 

 

「…脱げ…ズボン脱げ」

 

 

麻希は岩野に命令をする。

唖然とする岩野は、教室の鍵だけ閉めさせてほしいとお願いをする。

 

教室の入り口の鍵を閉め、カーテンも閉めた。

これで外から見えることはない。

 

 

麻希は机に座り、岩野がズボンを脱ぐのを見物している。

パンツも脱ぐのかと聞く岩野に対し、当たり前じゃんと答える麻希。

 

 

下半身だけ裸になり、股間を手で隠している岩野…

クスッと笑う麻希は、

 

「ジブンでやってみ、麻希が見ててあげるから」

 

と命令を出す。

 

 

オレの事が好きなのにこんなことをさせるのかと聞く岩野。

 

「…いいからやれよ!」

 

強い口調で命令をする麻希…

 

 

 

 

 

 

まんが「監禁嬢」第6話のラスト結末

 

「いいからやれよ!」

 

岩野に一人エ〇チするように命令する麻希。

 

 

岩野は自分のアソコを手で前後にしごき始める…麻希も自分の股間を弄り始めた。

しかし、岩野のあそこは無反応…

 

 

それを見かねた麻希は、岩野のアソコをシュシュシュッと優しくしごき…

 

 

「ねぇ先生…今何考えてるの?誰の顔が浮かんでる?

麻希はね…梓や先生に群がる生徒達、先生に信頼に寄せる他の先生達、先生を愛する家族…色んなバカの顔が浮かんでるよ…」

 

 

そういうと、岩野の股間に顔をうずめてアソコを口で咥え…

 

 

麻希は岩野が嫌がっているのが手に取るようにわかるのだが、その手を緩めない…

 

何故か?

 

岩野にやっている『おしおき』『ごほうび』に変わったとき…麻希が本当の一番になる…

 

 

麻希は岩野の一番になりたいと思っている。

 

 

そして、岩野は麻希の顔面に…果てた…

 

 

 

 

 

仕事終わりに同僚に飲みに誘われるが、それを断り家路に急ぎ歩いていると、岩野の携帯が震える。

 

非通知…

 

いったい誰からなのだろうか?

 

 

電話に出る岩野…目がカッと見開き、カバンを投げ捨てて走り出す。

そして老朽化で通行止めになっている歩道橋へ一目散へ走っていくと、フェンスを乗り越えて歩道橋を駆け上がる。

 

 

そこには”カコ”が居た…

 

歩道橋の真ん中に立っている”カコ”。

その手には岩野の幼子が抱かれている。

 

 

「頼む、子供を返してくれ…」

 

懇願する岩野、しかし”カコ”は、

 

「岩野さん、アナタ…何か勘違いしていませんか?

何のために開放して開けたと思ってるんです…

このまま日常に戻れるなんて…まさか思っていませんよね?

”私は誰”なのか?”私の目的”は?

真剣に取り組まないとダメですよ…」

 

冷たい表情で続ける…

 

「監禁されても殺されなかった…家に来られても殺されなかった…私はアナタを殺せません…

でも、あなた以外の命なら私は容赦しない…

 

こんな風に…」

 

 

そういうと、岩野の幼子を歩道橋の上からポイッと宙に投げ出した!?

 

 

 

 

コミック「監禁嬢」第7話の感想と無料立ち読み

 

衝撃的なラストでした、幼子を何とも思わず投げてしまうなんて…

でも、投げただけでその後はどうなったか描かれていないのでわからないですが。

”カコ”の冷たい表情がサイコを物語っていて、すごくいいですね。

気持ち悪いけど気持ちいいみたいな。

 

1巻はここで終わってしまいます。

2巻を読むのが今から楽しみです。

 

この先、岩野にどんな災難が待ち受けているのでしょうか?

”カコ”の呪縛は解けるのでしょうか??

 

 『 監禁嬢 』を【無料立ち読み】

 注意 : 検索窓に” 監禁嬢 ”と入力してくださいね。

 

 

第7話のネタバレはコチラ!➡