読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

無料立ち読み『傘寿まり子』1巻 第5話あらすじネタバレ|おざわゆき|息子と再会するまり子

スポンサードリンク

『 傘寿まり子(さんじゅまりこ) 』第1巻 表紙と公式あらすじ

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

著者: おざわゆき

掲載雑誌: BE・LOVE

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >


ベテラン作家の幸田まり子は自分の家で息子夫婦、孫夫婦との間で住居問題が勃発。

 

老人の自分には居場所がないことを感じ一人家出を決意。

 

街中のネットカフェで暮らし始めるが……?

 

 

 

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

 

『 傘寿まり子 』を無料立ち読み!

 注意 : 検索窓に” さんじゅまりこ ”と入力してくださいね。

 

 

  

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

 ↑ 画像クリックでサイトへ移動します。↑

 

 

 

まんが『傘寿まり子(さんじゅまりこ)』1巻 第5話のあらすじ

 

前話では、クロ(拾いネコ)を獣医の所へ連れて行き、自分の命の限りクロと一緒に生活することを決意するまり子。

 

新しい生活をするためには住むところが必要。

 

そこで、ネットカフェオーナーに部屋を貸して欲しいとお願いをしました。

しかし、保証人のサインが必要で…

 

➡第4話のネタバレはコチラ!!

 

第5話では、保証人の署名を貰いに家出した自宅へ近づきましたが、どうしても中に入ることができません。

そこで、息子の会社の前で待ち伏せをすることに。

 

会社から出てきた息子に保証人署名のお願いをするのですが…

 

 

  

 

 

 

コミック『傘寿まり子』1巻 第5話のネタバレ

 

ネットカフェオーナーからペットを飼えるマンションを借りるためには、3親等以内の署名が必要だと聞かされ、賃貸契約書を渡されたまり子。

 

 

この署名さえもらえれば、クロと一緒に生活できる…

 

f:id:maclovelove:20170111160647j:plain

 

 

しかし、家出したまり子は自宅に近づくことが出来ずにいました。

 

あそこには私の居場所がはっきり”有る”わけじゃない。

だけど、長年の積み重ねであの家に食い込みすぎている。

それは「居場所」とはまた別で、複雑で…

今帰ったら、さらにほどけなるものがある気がして、すぐにクロを迎えにいけないかも…

 

 

 

 

一方自宅では、ひ孫の宙くんが、家出したまり子のタンスの引き出しを開けて下着を出して遊んでいました。

 

 

それを見つけた息子のお嫁さんは、孫のお嫁さんに注意します。

 

息子嫁:「大おばあちゃんいないからって出入り自由にしていいわけじゃないわよ!」

 

f:id:maclovelove:20170111160959j:plain

 

 

しかし、孫のお嫁さんも応戦します。

 

 

孫嫁:「大おばあちゃんの荷物、ここに博物館みたいに保存してくんですか?」

 

息子嫁:「何言ってんですか!大おばあちゃんを今一生懸命探しているところでしょ」

 

孫嫁:「だけどぉ、警察にだって勇気を振り絞って相談に行ったのに相手にしてくんなかったじゃないいですか~」

 

息子嫁:「今は高齢者の行方不明が多くて手が回らないって」

 

孫嫁:「あたしぃ思うんですよねぇ…お年寄りが自分の持ち物も処分してくれって、相当覚悟してんじゃないかなぁ…って」

 

息子嫁:「何その他人事な態度、大おばあちゃんは家族なんですよっ」

 

孫嫁:「だって義母さん、大おばあちゃんの事を面倒くさいって思ってたんですよね~」

 

息子嫁:「!・・・」

 

 

 

どうなってんだ!?この嫁たち・・・!?

 

 

 

息子嫁はイライラが爆発し、旦那(まり子の子供)の職場に電話をしてしまいます。

そして、大おばあちゃん(まり子)の事を待ち続けるのはもう嫌で、この状態が永遠に続くんじゃないかと思うと夜も眠れないと電話口で激高します。

 

 

今は仕事中だから帰ったら話を聞くといい、電話を強引に切る息子…

 

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

 

 

 

  

 

コミック『傘寿まり子』1巻 第5話のラスト結末

 

そして仕事が終わり、家路に着こうと会社から出ると、そこにまり子が待っていました。

 

「こうじ…!会社終わった…?まってたの」

 

息子はまり子に駆け寄り、身体が無事なのかを確認しました。

 まり子は黙って出て行ったことを謝ります。

 

「もうもうもうもうもう」

 

まり子の事を心配していたことが大きな声になって出てきてしまいました。

息子の目にはうっすらと涙が

 

 

戻ってきてくれたと思っている息子に、まり子は賃貸契約書の署名をお願いをします。

息子はハトが鉄砲を喰らったような顔をして…

 

 

しかし、そう簡単に署名してくれるはずもなく、押し問答になってしまいました。

息子が契約書を風で飛ばしてしまい、どこかへ飛んで行ってしまいます。

 

 

息子が自分の家が嫌いなのかまり子に尋ねます。

まり子は…

 

「嫌いじゃない、嫌いじゃないからつらかったの。

外に出てそれに気づいたの」

 

と返事をします。

 

息子:「オレは、みんな大事なんだ!!

仲良く暮らしてい来たんだ!!それだけなのに…

…母さん、もう若くないんだ、無茶を言わないで…

母さんに何かあったら…オレは…」

 

両手で目を覆い涙を見せまいとする息子をそっと抱きするまり子。

 

f:id:maclovelove:20170111161515j:plain

 

そして…

 

「こうじ、ごめんね。ありがとうね。いつかちゃんと帰るから」

 

と言い残し、タクシーに乗り込みました。

 

 

 

 

 

まり子は風で飛ばされた契約書が落ちたあたりでタクシーを降りて書類を探します。

車が行き交う道路をキョロキョロ…

 

 

すると、道路の向こうに書類らしきものを発見しました。

 

 

危険を顧みず道路を横切り、書類の方へ駆け寄ります。

しかし、車が近づいて来て…

 

慌てたまり子は段差で躓き、植木の所に転んでしまいました。

近づいてきた車の運転手を見ると、なんと「八百坂さん」!!

 

 

その車は、すぐ曲がってマンションの敷地内に入っていきました。

八百坂に好意を持っていたまり子は、車を追いかけてマンションの駐車場に入っていきます。

 

 

八百坂の車に近づこうとした時、その車が急にバックしてきて、まり子にぶつかる!?

 

「八百坂さん!!」

 

まり子の声は八百坂に届くのでしょうか!?

 

 

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

 

 

 

 

コミック『傘寿まり子』1巻 第5話の感想と無料立ち読み

 

第5話が一番泣けるかも知れません。

息子との再会…そして、息子の母親への愛と母親の息子への愛が溢れているシーンは涙なくしては読めませんね。

 

でもそれを振り払って逃げてしまうまり子。

 

家族よりもネコ(クロ)が大事になったんでしょうね。

いわゆる母性ってやつでしょうか?

 

5話の最後に登場する八百坂との再会、これがどう展開していくのか!?恋愛に発展していくのでしょうか?

 

う~ん続きが気になりますね。

 

『 傘寿まり子 』を無料立ち読み!

 注意 : 検索窓に” さんじゅまりこ ”と入力してくださいね。

  

 

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

 

 

➡第6話のネタバレはコチラです!!