読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

無料立ち読み『傘寿まり子』1巻 第6話あらすじネタバレ|おざわゆき|憧れの八百坂さんの車に衝突…

スポンサードリンク

『 傘寿まり子(さんじゅまりこ) 』第1巻 表紙と公式あらすじ

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

著者: おざわゆき

掲載雑誌: BE・LOVE

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >


ベテラン作家の幸田まり子は自分の家で息子夫婦、孫夫婦との間で住居問題が勃発。

 

老人の自分には居場所がないことを感じ一人家出を決意。

 

街中のネットカフェで暮らし始めるが……?

 

 

 

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

 

『 傘寿まり子 』を無料立ち読み!

 注意 : 検索窓に” さんじゅまりこ ”と入力してくださいね。

 

 

  

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

 ↑ 画像クリックでサイトへ移動します。↑

 

 

 

まんが『傘寿まり子(さんじゅまりこ)』1巻 第6話のあらすじ

 

前話では、まり子が部屋を借りるために息子の元へ保証人の署名を貰いに行きました。

しかし、息子は帰ってきて欲しいと言いました。

その際に風で飛んで行った契約書を探しに行ったとき、偶然見かけた八百坂を追いかけていきました。

 

➡第5話のネタバレはコチラ!!

 

第6話では、八百坂との再会。

まり子は若いころから八百坂に好意を持っていたまり子。

八百坂と一緒にクロ(捨て猫)を動物病院に引き取りに行きます。

そして、八百坂のマンションに戻ると…

 

80歳のまり子…乙女のようになる!?

 

 

 

 

 

 

 

コミック『傘寿まり子』1巻 第6話のネタバレ

 

息子に署名がもらえなかった契約書を探しに道路へ出て行ったまり子…

探していると、車で通りすぎる八百坂を見かけます。

 

 

八百坂はすぐそこの角を曲がり、マンションの駐車場へ入っていきました。

それを追いかけて走っていくまり子は、八百坂の車の後ろにいました。

 

 

すると、八百坂の車が急にバックしてきて、まり子は倒れてしまいます。

 

f:id:maclovelove:20170111231822j:plain

 

 

まり子はお花畑の真ん中にいます。

向こうには川があり、船を操る船頭さんがまり子を手招きしていました。

 

あぁ…死んだ…私…死んだんだなぁ

 

川の向こう岸に誰かが手を振っています。

15年前に亡くなったお爺さんでした。

 

f:id:maclovelove:20170111231937j:plain

 

大丈夫、年寄りが一人がいなくなったて、誰も気にしない…私みたいな小さな存在…

 

まり子が乗る船の左側から、黒い雲がモクモクと出てきました。

その雲がクロに変身!!

 

それを見たまり子は、船頭の手漕ぎ棒を奪い取ると、一生懸命に後戻りを始めました。

 

そして…

 

 

 

 

 

 

目を覚ますまり子。

目の前には八百坂が心配そうな顔で見つめてました。

 

 

八百坂はまり子を車で轢いてしまったかと思いましたが、まり子は自分で転んだだけでした。

とにかく医者に行こうという八百坂に、まり子は…

 

「お願いです、私行かなきゃならないところがあるんです…!」

 

と自分を動物病院に連れて行ってくれるようにお願いをしました。

 

 

 

 

動物病院へ着くと、八百坂に支えられながら獣医の所へ行きます。

 

「クロを引き取りにまいりました」

 

住むところが決まっていないまり子に獣医はクロを引き渡せないと返事をするのですが…

それでも、クロに合わせてほしいとお願いをします。

 

 

まり子は声が出せないクロの声が聞こえると、勝手に病院の奥へ歩いて行きました。

そして、一番奥の暗い部屋の片隅にゲージに入れられたクロを見つけました。

 

f:id:maclovelove:20170111232108j:plain

 

 

まり子を見つけたクロは、ゲージの鍵をカリカリ…と「早く出して~」と言わんばかりに引っ掻きまくっています。

声が出ない口をパカーと開けて…

 

 

鍵を開けてあげると、まり子に飛びついてきました

そして、二人?で抱き合って泣きまくっていました。

 

 

獣医の先生もこの二人の絆を見たら、引き渡せないとは言えなくなり、クロをまり子に預けることにしました。

 

 

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

 

 

 

 

 

 

 

コミック『傘寿まり子』1巻 第6話のラスト結末

 

無事にクロを引き取ることが出来たまり子は、八百坂の車に乗っていました。

しかし、行くところがありません。

 

 

もう時間も遅いこともあり、八百坂のマンションに宿泊することになりました。

八百坂は、定年をむかえたときにマンションに引っ越し、男一人で生活をしていました。

 

f:id:maclovelove:20170111232237j:plain

 

クロにご飯をあげると、モグモグと元気に食べてくれました。

ひと安心です。

 

 

自分たちのご飯は、八百坂が買ってきたコンビニ弁当…

電子レンジで温めると食卓に座り、二人で食べ始めます。

 

 

八百坂は…

 

「いつも食べているご飯なのに、今日は格段にうまい。

誰かと家で食事するなんて何年ぶりだろう」

 

とニコニコしながらおいしそうにコンビニご飯を食べていました。

 

 

まり子も、昔八百坂の事に好意を持っていたころの気持ちが甦ってきて、思わず当時の気持ちを八百坂に話してしまいます。

 

「あなたに憧れてたんです。じゅん子さんの恋人だってわかっていたけれど」

 

 

すると八百坂は、

 

「今はどうなんです?

まり子さん、行くところがないなのなら、ぼくと暮らしてくれませんか?」

 

とまり子の両手を握ってきました。

 

 

まり子80歳、同棲始めます

 

f:id:maclovelove:20170111232506j:plain

 

 

 

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

 

 

コミック『傘寿まり子』1巻 第6話の感想と無料立ち読み

 

無事にクロを引き取ることが出来て安心しました。

ペットを飼っている人ならわかると思いますが、ペットとは何故か意思の疎通ができてしまうんですよね。

 

何が欲しいのか?どうして欲しいのか?とか。

 

クロとまり子が再会する場面も泣いてしまうポイントになってしまいました。

 

そして憧れの八百坂との再会そして、同棲生活が始まるみたいで…この先の展開が気になるところです。

 

『 傘寿まり子 』を無料立ち読み!

 注意 : 検索窓に” さんじゅまりこ ”と入力してくださいね。

  

 

[Handy一般]傘寿まり子[講談社]

 

2巻の発売は、2017年2月中旬予定です…