読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

コミック 『トモダチゲーム』 2巻のあらすじネタバレ|原作:山口ミコト 漫画:佐藤友生|新しいゲームが始まる!

スポンサードリンク

『 トモダチゲーム 』第2巻 表紙と公式あらすじ

原作: 山口ミコト

漫画: 佐藤友生

掲載雑誌: 別冊少年マガジン

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >


友達との絆が試される「トモダチゲーム」。

 

その第1ゲームをクリアした友一(ゆういち)たちに提示された次のゲームは、友達の隠しごとを暴露した分だけ前に進める「陰口スゴロク」だった!

 

密告した者が有利となるルールのなか、仲が良いはずの仲間たちから、次々と明かされたくない“秘密”が晒されてゆく……。

 

密告者は一体誰なのか!?

 

衝撃的な暴露内容に、友一たちの絆が揺らぐ……!

 

 

 

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

 

 注意 : 検索窓に” トモダチゲーム ”と入力してくださいね。

 

 

 

 

漫画『トモダチゲーム』 第2巻 あらすじ

 

 

誰かによって拉致をされてしまった友一とその友達4人。

 

 

➡第1巻のネタバレはコチラです!! 

 

 

その5人の誰かの2000万円という多額な借金を5人で清算するために、「トモダチゲーム」に参加することになりました。

 

 

はじめは仲良く終わらせようとしていた5人だったのですが、はじめのゲームこっくりさんゲーム」で関係が崩れ始めてしまいます。

 

 

友一の機転でなんとか第1ゲームを終わらせたが、次のゲーム「陰口スゴロク」で友一の友人の一人、沢良宜志法の秘密を暴露する人物が現れ、5人の空気は微妙な雰囲気に。

 

 

5人は無事にゲームを終わらせることができるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

コミック『トモダチゲーム』 第2巻 ネタバレ

 

志法友一のことが好きで、志法が天智と付き合っていたことが暴露されてしまいます。

志法は友一に自分の気持ちを伝えていたため、友一に焦る様子はありません。

 

 

志法の陰口だけだったため、志法が5マス進むことになり、ほかの4人は1マス進むことに。

 

 

志法のことが好きで思いを伝え続けていた誠は怒りをあらわにします。

ここで、天智も志法のことが好きだと言い、天智と誠の間に冷たい空気が流れてしまいます。

 

 

友一が何とかその場を収め、次はみんな白紙で入れようと約束をして、次のターンに。

 

 

 

 

次のターンには、3つの陰口。

志法と誠と友一のものでした。

 

 

志法の陰口は志法が整形をしていたということ。

その陰口が出たことで、志法のことが好きな誠と志法との関係に少しの亀裂が入ってしまいます。

 

そして、実は友一のことが好きなゆとりとも。

 

 

 

次のターンで出たのは、ゆとりが援助交際をしていたというものでした。

そのことを志法にしか話していなかったゆとりは、一気に志法のことを疑い始めました。

 

 

そして、ゆとりは友一しか信じられないということを態度で示します。

 

 

志法はそのようなことをしないと信じているという天智。

友一たちは、3つのグループに分かれてしまいました。

 

 

「壊れろ、壊れろ…!壊れろ!」そんな思いが大きく渦巻きます。

 

コミック『トモダチゲーム』 第2巻 ラスト結末

 

修学旅行費の提出の日、志法が修学旅行費を入れたロッカーに鍵をかけました。

その瞬間を見計らい、行動に出ます。

志法の鍵の場所は熟知している…

そして、ほかの3人の友人をうまく切り抜けて200万円を手にしたのでした。

 

 

 

「俺はそのために200万円を盗んだんだから。」

 

 

 

ほとんどの大きな陰口を書いたのは天智だった。天智は志法に盗聴器を仕掛け、志法を見ていたのでした。

 

 

志法の人間関係を壊す、この瞬間のために。

 

 

  

そして、天智の思い通りに事は進んでいき、志法とゆとりの関係はだんだんと悪化していくのでした。

 

 

 

ここで、【スペシャルチャンス】という項目がでます。

スペシャルチャンス】は、運営側が5人の中からトップ(今は志法)によって選ばれた人の大暴露ネタを発表するというもの。

 

 

志法は天智を選ぼうとするが、誠が「俺を選べ」といったため、誠を選びます。

 

 

誠は何もないと思い込んでいたのですが、誠の父親がいろいろなことを大金で隠蔽していたのでした。

 

 

天智の巧みな話術によって誠はどんどん孤立していきます。

 

 

そして、次に出た陰口は「四部誠は…過去に人を殺している…」というもの。

 

 

誠をもっと孤立させようと思っていた天智だったが、結局何も書きませんでした。

誰が書いたのかと周りを見渡すと、怪しく笑う友一がそこにいました。

 

 

  

 

まんが『トモダチゲーム』 第2巻 感想

 

 

これは、漫画を見てみないとわからないと思いますが、友一の表情最後で変わりすぎではないですか?

まるで別人のよう。

でも、きっとこれが彼の本性なんでしょうね。

お金に執着している男の顔なんでしょうか?

 

天智は志法をストーカーしていたみたいですね。志法が友一のことが好きだという暴露の時に、志法のことがまだ好きだということは伝えていましたからね。

 

ただ単に、変態気質なのかそれとも、別の目的があるのかはわかりませんが、好きな人の人間関係を壊して自分が優しくしてあげたいというのは、なんでしょうか?

 

私にはない感情でよくわかりませんね。

 

天智と友一が思考戦を繰り広げて、いい方向に進んでいくのでしょうか。

続きが楽しみですね。

 

 注意 : 検索窓に” トモダチゲーム ”と入力してくださいね。

 

 

➡第3巻のネタバレはコチラです!!