読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

コミック 『トモダチゲーム』 4巻のあらすじネタバレ|原作:山口ミコト 漫画:佐藤友生|新しいチームメイトは味方なのか…!?

スポンサードリンク

『 トモダチゲーム 』第4巻 表紙と公式あらすじ

原作: 山口ミコト

漫画: 佐藤友生

掲載雑誌: 別冊少年マガジン

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >


勝ち進んだ片切友一(かたぎり・ゆういち)美笠天智(みかさ・てんじ)が挑む、対戦形式の第3ゲーム「友情かくれんぼ」! 

 

崩れ去った信頼を、再び築き上げることはできるのか…? 

 

立ちはだかるのは“天才”率いる5人組! 

 

圧倒的不利な状況の中、“真の友情”が試される……。

 

 

 

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

 

 注意 : 検索窓に” トモダチゲーム ”と入力してくださいね。

 

 

 

 

まんが「トモダチゲーム」 第4巻 あらすじ

 

第1ゲームのこっくりさんゲーム」を何とかクリアし、第2ゲームでは友一“殺人犯”であることと、天智“裏切り者”であることが知られてしまいました。

 

しかし、何とか突破して第3ゲームは2人だけで参加することに決めます。

 

 

ゲームに入る前にペットボトル1本分の水しかない洞窟の中で3日間を過ごすことになりました。

 

そこで天智は、自分がなぜ裏切ったのかを説明し、本当に裏切っているのは志法だといいます。

 

 

そして、今回のゲームでも志法が裏切っているという理由も説明し始めますが、友一は天智と志法のどちらを信じるのでしょうか?

 

 

そして、次の新しいゲームにも入っていきます。

 

 

 

 

コミック「トモダチゲーム」 第4巻 ネタバレ

 

借金の総額が1080万円であると伝えた天智でしたが、そうであるとすると計算が合いません。

スタートは400万円でした。

 

 

全員が真実を述べていたとすると、1880万円になります。天智は自分が偽っていたことを伝え、200万円が引かれます。

 

 

誠も同様だとして、200万円引かれますが、それでも400万円誤差が出てしまいます。

 

ゆとりは最後だったため、嘘をつく余地がありません。

 

 

そう考えると、志法が400万円を偽っていることになります。天智の話が真実であれば、志法は裏切り者だということになります。

 

 

しかし、友一は天智をまだ疑っています。

そのうえで、人殺しの自分になぜついてきたのかと尋ねました。

 

「お前が『このトモダチゲームを潰す』と言ったからだよ。」

 

天智は自分の命もかけなければ、父親の敵は討てないといいます。

 

 

そして、友一に信じてもらうために自分のネームプレート裏の借金額をみせます。

それを見せたことで天智の借金額は倍になります。

 

 

友一は、帰ってから天智がみんなに謝ると約束するなら、自分は第3ゲームを何としてでもクリアすると言います。

 

 

そして、二人はなんとか3日間を終えて洞窟の外へ出ました。

 

 

 

 

そして新たなゲーム、他のグループとの対戦形式「友情かくれんぼ」が始まります。

 

友情かくれんぼゲーム

 

 

チームで隠れる役一人を決め、他の人は探す役に回ります。

  

禁止事項は、相手チームへの暴力、隠れる役の移動で、これを破れば借金額は倍になります。

 

連絡は敵チームでも誰にでもとれ、食事はいつでも可能です。

 

ただし、隠れている人は探す人に持ってきてもらわなければいけません。

そして隠れる人は、ギブアップを、探す人は相手チームに寝返りをすることが認められています。

 

寝返ったチームで勝てば、借金はなくなり、負ければ上積みされます。

 

 

 ここで友一たちのチームに水瀬マリアという運営側の女の子がチームに入る(友一たちは運営側の子であることは知りません。)ことを許可され、3人対5人での戦いが始まります。

 

 

友一はできるだけ早く戻ってくると伝え、絶対にギブアップはしないという天智を隠れさせます。

しかし友一は、2日間帰ってきませんでした。

 

 

計5日間何も食べていない天智に裏切られたのではないかという不安が募ります。3日目、友一が動きだしました。

 

 

寝返りをしたいといい、相手チームのリーダーの判断を見ます。

 

2人を寝返らせろと言われ、友一はやめます。

 

 

 

コミック「トモダチゲーム」 第4巻 ラスト結末

 

そして次の日、友一はことごとくチームのメンバーに話しかけ続けます。

その間にマリアは水場へ。

友一にいろいろと話してしまう相手チームの百太郎でしたが、危機感を感じた千聖がマリアの元へ行くようにと言います。

 

 

逃げたと思ってマリアを見つけた百太郎は服を脱いでいるマリアに動揺し、千聖のところへ戻ってきてしまいます。

 

 

そのとき、友一が「みつけたぞ!」と言ったと同時にマリアと友一は逃げました。

そして、逃げている途中の細い一本道で友一はわざとらしくマリアを崖に突き落としたのです。

 

 

そして、咄嗟にマリアを助ける百太郎と千聖でしたが、食事を持った友一にはまんまと逃げられてしまいました

 

 

友一は、そのまま天智のところへ行き、食事を渡します。友一はこの3日間相手チームの性格と関係性を観察し、どのように足止めをするのか考えていたのでした。

 

 

友一は、マリアを使った色仕掛けを始め、

 

「人間関係をメチャクチャに破壊する」

 

と宣言をします。

 

 

 

 

漫画「トモダチゲーム¥ 第4巻 感想

 

マリアという女の子が出てきました。この子は運営にいる子なので、どこかで裏切るんだろうな、という感じがします。

 

相手チームのある戦いですが、ここでも友一のやり方が最低ですよね。

 

全員が色仕掛けでなんとかなるとは思えませんが、どのようにして相手チームの隠れている人を見つけるのでしょうね。

 

降参させるにしても、絶対に降参しなさそうな人が隠れているので、難しそうです。

 

次に友一はどんな最低なやり方を思いつくのでしょうね。

 

 注意 : 検索窓に” トモダチゲーム ”と入力してくださいね。

 

 

 ➡ 5巻のネタバレはコチラ!!