あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

ネタバレ!「ハピネス」4巻の無料あらすじ|皆が吸血鬼になってしまうのか!?

スポンサードリンク

『 ハピネス 』第4巻 表紙と公式あらすじ

 

著者 : 押見 修造

掲載コミック : 別冊少年マガジン

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >

 

母親を襲い、病院から姿を消した勇樹。

 

 

一方、岡崎は、彼の“秘密”を知る謎の男たちに連れ去られてしまう。

 

 

間一髪で、勇樹に救い出された岡崎。2人は助けを求め、ノラのもとへと向かう。

 

 

しかし、ノラは勇樹を拒否し、突如襲いかかり…!?

 

 

  

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

『ハピネス』を【無料立ち読み】

 注意 : 検索窓に” ハピネス ”と入力してくださいね。

 

 

 

まんが「ハピネス」第4巻 あらす じ

  

➡第3巻のネタバレ記事はコチラ

 

 

謎の団体に連れていかれそうになった誠は勇樹に助け出されて、なんとか逃げることに成功します。

 

 

そんな誠と吸血鬼になってしまい母親を殺してしまった勇樹は誠を吸血鬼にした女のノラの元へ向かうことにしました。

 

 

 

ノラに一緒に逃げようと言われていた誠は、勇樹も一緒に連れて行こうと思い、ノラに相談したかったのです。

 

 

 

ノラは勇樹の匂いを嗅ぐと、勇樹に殴りかかりました。

ノラは勇樹を連れていけないといいます。

 

 

 

 

ノラが勇樹を連れていけない理由とは?

 

 

誠は無事に逃げることができるのでしょうか?

 

 

 

 

コミック『ハピネス』第4巻 ネタバレ

 

勇樹の匂いを嗅いだノラは、勇樹を殴り始めます。

 

 

 

勇樹からは黒い匂いがするから連れていけないと言いました。

 

 

 

それを聞いたことと殴られたことにより勇樹は理性を失い、ノラの足首あたりの肉を噛み千切ります。

 

 

 

誠はそれを止めにかかりますが、勇樹は誠の腕を噛み、

「おまえに何がわかる?」

と言い捨てて、どこかへ行ってしまいました。

 

 

勇樹と誠を探していた、雪子と菜緒は、0時だったため通りかかった雪子の母によって強制的に帰宅させられます。

 

 

 

家に戻った菜緒は、庭先に勇樹の姿を見つけて喜びます。

自分の部屋に入り、勇樹を窓から入れさせます。

 

 

 

勇樹は血を舐めたいという欲求を菜緒との性行為によって抑えるのでした。

 

 

 

 

次の日、ノラは酷い怪我をしていましたが、誠に移動しようと提案します。」

 

 

 

誠はノラについていく条件として、人を殺さないことを挙げました。

 

 

 

 

ノラは一瞬驚いた顔をしますが、快く承諾したのです。

 

 

 

まんが『ハピネス』第4巻 ラスト結末

 

そのころ、雪子は勇樹が吸血鬼になってしまったあの事件現場に行きます。

 

 

 

血の跡を眺めていると、吸血鬼を知っているという桜根という男が現れました。

 

 

 

 

桜根から吸血鬼のことを聞くために、一緒にファミリーレストランへ向かいます。

 

 

 

桜根は吸血鬼が絡んだ事件で生き残っている人がいたのは初めてだと言います。

 

 

 

 

桜根は吸血鬼によって妹を失ったことを話しました。

 

 

 

雪子も今現在の状態を桜根に話します。

二人は誠を探す協定を結んだのでした。

 

 

 

 

菜緒の家では、いまだに性行為が続けられていました。

母はただ声をかけるだけでしたが、父親は菜緒の部屋を無理やりこじ開けたのです。

 

 

 

娘が性行為をしていることに怒り、父親は勇樹を殴ります。

 

 

 

血を飲みたいという欲求不満に耐えられず、勇樹は菜緒の父親に噛みついたのでした。

 

 

続けて母親、そして…

 

 

 

愛する菜緒にも噛みつき殺してしまいます。

 

 

 

 

しばらくして意識が戻った勇樹は自分のしてしまったことに気づき、勇樹は悲痛の声をあげたのです。

 

 

 

 

 

誠は自分の家に行き、母親に別れを告げてノラの部屋に戻ります。

出発しようと外へ出ると銃を持ち、武装している大人数名に部屋を囲まれていたのでした。

 

 

 

 

武装した大人たちは誠とノラに銃口を向けます。

 

 

 

発砲されたその時、ノラが誠を庇って前に出たのです。

 

 

 

弾はノラの腹部にのめり込み・・・

 

 

 

まんが『ハピネス』第4巻 感想

 

おそらく、勇樹は誠よりも忍耐力がないのでしょうね。

すぐに理性を失ってしまいます。

 

 

菜緒は殺したくないという思いは強いと思いますけどね。

結局殺してしまいました。

 

 

 

誠は自分を吸血鬼にしたノラに結局ついていく決意をします。

自分がもう普通に生活できないことは肌で感じたのでしょうね。

 

 

勇樹の話をみてからの誠の話に行くと誠の優しさが心に染みますね。

ノラも誠には優しいから不思議です。

誠にはそういう癒し的な何かがあるのかもしれないですね。

 

 

 

桜根さんも今後の話のキーマンになりそうです。

かなり怪しい人なので、誠を狙った謎の集団の仲間という可能性もあるのでしょうか?

 

 

 

菜緒を失った勇樹は完全に味方を失ってしまった感じがあります。

そして誠側も、ノラも撃たれてしまいました。

 

 

誠を拉致しようとした謎の集団と同じグループでしょう。

彼らが吸血鬼を狙う理由はなんでしょうか?

 

 

国の保護のためか、実験のためか気になることが増えてきましたね。

 

『ハピネス』を【無料立ち読み】

 注意 : 検索窓に” ハピネス ”と入力してくださいね。