読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

あらすじ!「情熱のアレ」2巻の無料ネタバレ|大人の玩具メーカー大野と良い仲に!?

スポンサードリンク

『 情熱のアレ 』第2巻 表紙と公式あらすじ

 

著者 : 花津ハナヨ

掲載コミック : コーラス

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >

 

セックスって、ギブ&ギブじゃないかな。

 

同棲相手の彼・類と依然ぎくしゃくしたままのマキ。

 

 

そんな時に出会ったイケメン営業マン(アダルトグッズメーカー勤務)の大野

 

 

同じ悩みを持っていた彼との距離が少しずつ縮まって…?

 

アダルトグッズ業界に奮戦するオトナの乙女、2巻も頑張ります!

 

 

  

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

『情熱のアレ』を【無料立ち読み】

 注意 : 検索窓に” 情熱のアレ ”と入力してくださいね。

 

 

 

まんが「情熱のアレ」 第2巻 あらすじ

 

マキは普通に会社に勤めながら母親が経営する会社を手伝うことになりました。
その会社は、大人の玩具の問屋だったのです。

 

 

 

第1巻のネタバレはコチラ➡

 

 


彼氏の類と共に下ネタが嫌いなマキでしたが、それをきっかけに彼氏とのセックスレスについて考えるようになります。
セックスをする週を決めてするようになりますが、うまくいきません。

 


そんなときに、大人の玩具を作製する大手会社に勤める大野に相談をします。
それからマキは自分を改めようとがんばります。

 

マキの恋の行方は、問屋はどのようになっていくのでしょうか?

 

 

 

 

まんが「情熱のアレ」 第2巻 ネタバレ

 

大野の前で長時間泣いてしまったマキは、後日お礼のメールをします。

マンションの更新時期が近付いていましたが、類と仲違いしてしまったマキは一緒に暮らし続ける自信がなくなっていました。

 

 

 

 

ある日、母の問屋から仕入れてもらっているお店に行くと、赤塚がいました。

散々マキに言い寄っていたにもかかわらず、ひょんなことから赤塚に彼女ができたことを知ります

 

 

 

 

赤塚のマキへの思いは本気だったため、赤塚は知られたことに落ち込みます。

 

 

 

 

次の日、マキは大野からお礼のメールの返信として、ランチに行かないかと誘われます。

 

 

 

 

その大野と話しているときに、玩具の処理や置く場所に困っている人が多いということから回収サービスやそれ専用の入れ物を作ってはどうかという相談をします。

 

 

 

新たな提案も大野にもらい、それを母のいる問屋へ持ち帰ります。

母は大賛成でした。

新たなプロジェクトが始まろうとしていました。

 

 

 

 

 

その日家に戻ると、マキは類に旅行へ行こうと提案します。

 

 

 

 

このまま続けるのか、別れるのかを決断するためでした。

 

 

 

 

 

旅行の日、渋滞により類の機嫌は悪く、マキも体調不良で散々です。

 

 

 

 

そして夜になり・・・マキを気遣って薬をもらってきた類でしたが、マキは別れを切り出します。

 

「手に触れたくない」

 

そう思ってしまったのでした。

 

 

 

 

 

 

その旅行以来しばらくは、平穏に過ごしていました。

 

 

ある日マキが会社に行っている間に類は手紙を置いて、静かに出て行ったのでした。

 

 

 

 

マキはそれから2週間泣きはらし、類の好きだったものをすべて処分して気持ちを切り替えようと躍起になりました。

 

 

 

 

そして、引っ越しの日を迎え、類と生活した日々に別れをつげます。

 

類に連絡してしまいそうな自分に嫌気が差したマキは、スマートフォンを水没させてしまいました。

 

 

 

 

まんが「情熱のアレ」 第2巻 ラスト結末

 

しばらく買い替えずにいましたが、買い替えてから大野から連絡が入ります。

 

 

 

一緒に食事に行き、プリクラに付き合ってほしいと言われたため、プリクラを撮ります。

最後のプリクラで大野がマキの頬にキスをします。

マキはドキドキするとともに、大野に惹かれていくのがわかりました。

 

 

 

 

 

今度は大野の家に招待されて、家で大野の料理と美味しいというワインをごちそうされます。

 

 

ソファでいい雰囲気になりますが、類とのセックスレスの過去がマキを苦しめ、マキは帰ってしまいます。

 

 

 

 

 

マキは後悔しますが、母にローション製作の企画を頼まれていたため、そちらにシフトを変えます。

 

 

 

しかし、その企画書を会社の会議で誤って出してしまったのでした。そして、マキは会社を辞めて母の問屋で正式に働くことに決めます。

 

 

 

 

マキと大野が仲良しになっていく一方で、赤塚はマキと大野の距離が近くなってきていることに焦りを感じていました。

 

 

 

 

赤塚はマキをバーベキューに誘おうとしますがうまくいかず、結局みんなでコテージに1泊のバーベキューに行くことになってしまいます。

機会を作ってマキに告白をしますが、彼女がいることを付かれ、失敗に終わり…

 

 

 

 

その日の夜、マキは招待されてきていた大野に自分がどういう存在なのか尋ねます。

 

「その時の流れで…とか、遊びでとかだとしたらあたし無理です。」

 

 

 

 

情熱のアレ 第2巻 感想

 

大野との距離が近くなってきましたね。

 

じれったいです。

 

大野もマキに対しての好意があると思いますが、何か一歩踏み出せないのでしょうね。

 

 

赤塚もマキに対して本気だと思いますけど、彼女と別れていなかったりして誠意がないのでダメだと思います。

 

そういう誠意のない行動は信用できないですよね。

 

類と別れた場面は結構衝撃的でした。「触りたくない」は、騙しだまし付き合ったとしても、修復できないだろうと思いました。

 

 

結構このような経験をしている方も多いのではないでしょうか?

 

会社を辞めたマキは問屋という未知の世界で働いていくことになりましたが、どう変わるのでしょうね。

 

 

 

彼氏で変化の大きい人も多いので、今後のマキの変化が楽しみです。

 

『情熱のアレ』を【無料立ち読み】

 注意 : 検索窓に” 情熱のアレ ”と入力してくださいね。