読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっ! まんが読もう‼

皆が大好きな【漫画】を紹介します。ネタバレや、感想、あらすじ、無料で立ち読みする方法なんかも紹介しちゃいます。ラストの結末は自分で読んで感想なんか聞かせて下さいね。

あらすじ!「情熱のアレ」3巻の無料ネタバレ|ついに恋愛成就!?大野は理想の彼氏!?

ちょっとH ヒューマン 女性 情熱のアレ ラブコメ
スポンサードリンク

『 情熱のアレ 』第3巻 表紙と公式あらすじ

 

著者 : 花津ハナヨ

掲載コミック : コーラス

 

 

< 公式あらすじ|ストーリー >

 

自分から誘ってもいいの――?

 

大野との急接近に、気持ちが翻弄されるマキ。

 

好きじゃなくても、セックスできちゃう?

男の人の体と心は、別モノなの?

 

 

信じたいけど、信じるのが怖い――。

オトナの乙女がアダルトグッズ業界で奮闘!

 

 

揺れる乙女ゴコロの第3巻!

 

 

  

 

今すぐ試し読みしてみたいという方は、下の【無料試し読み】をクリックするとサイトに飛びますので是非楽しんでください。

 

『情熱のアレ』を【無料立ち読み】

 注意 : 検索窓に” 情熱のアレ ”と入力してくださいね。

 

 

 

まんが「情熱のアレ」 第3巻 あらすじ

 

マキは彼氏とのセックスレスをきっかけに母親の経営する大人の玩具の問屋で本腰を入れて働くことに決めました。

 

第1巻のネタバレはコチラ➡ 

 

 

 

類と別れたマキは大手玩具会社の社員の大野といい雰囲気になります。

しかし、大野のことを信じていいのか遊ばれているだけなのか判断できずにいました。

 

 

 

 

そして、ひょんなことから行くことになった社員旅行で大野に自分に対してどのような気持ちを持っているのかを聞いたのです。

 

 

 

大野の答えは?

 

マキの幸せは訪れるのでしょうか?

 

 

 

 

  

まんが「情熱のアレ」 第3巻 ネタバレ

 

マキは大野に自分のことをどう思っているのか尋ねましたが、大野からは明確な答えがえられませんでした。

 

 

 

そのことでマキは大野が自分に気がないのだと思い、落ち込みます。

 

 

 

後日、母親に言われて大野の勤める会社のトークショーへ行くことになります。

 

 

 

 

 

大野とは会いたくないと思っていたマキでしたが、トークショー終了後大野と会い夜に会うことにします。

 

 

 

 

大野は、自分でいいのかという思いが強いため、マキとの関係を深める決意が持てなかったが、マキに対して好意があることを伝えます。

 

 

 

 

マキはその言葉を信じ、大野を自分の部屋へあげ、大野と初めて関係をもったのでした。

 

 

 

 

そして次の日、大野は出張があったため始発の電車で帰っていきました。

 

 

 

マキは大野と付き合うことがなぜか不安でした。

 

 

 

 

会社では、マキのプロデュースしたローションが完成して、社員にお披露目されました。

 

 

 

まきがコンセプトにしたのは“肌に優しい”というものでした。

 

 

 

 

なんと、化粧水としても使用できるものを作ったのです。

 

 

 

 

そして、ローションをいつも卸しているお店の店内に置いてもらったのでした。

 

 

 

 

マキと大野の交際は順調でした。

 

 

 

料理の上手い大野が母の計らいで社長代理になったマキのために豪華な料理を用意してくれます。

 

 

 

 

そのあとは、またスキンシップに時間をかけ、二人は関係を深めていくのでした。ただ、マキには気がかりなことがありました。

 

 

 

 

それは、大野がめったにフィニッシュしないことです。気にしていることは大野に言えないでいました。

 

 

 

 

まんが「情熱のアレ」 第3巻 ラスト結末

 

ローションの売れ行きは良くなく、マキは落ち込みます。

 

 

 

そんなとき、母に誘われ社長代理としてメーカーに顔を売りに行くことになりました。

 

 

 

 

とても忙しく、大野に連絡をとれない日が続きます。

 

 

 

心身ともに疲れ果てたマキは、電気代を支払うのを忘れるほどでした。

 

 

 

心配した大野がマキの部屋に訪れます。

大野はマキとのスキンシップを図りますが、マキは疲れ果てていました。

 

 

 

マキはしたくないことを言えずにいましたが、大野がそれに気づいてやめます。

 

 

 

マキは自分がしたことと類がしたことが重なったことに気付き反省したのでした。

 

 

 

 

そして、その日はマキの気にしていたことをきいたりして、言葉のコミュニケーションを通して二人は関係を深めます。

 

マキは大野に元気づけられ、新しい商品の開発に入ります。

 

 

 

開発に入る前に、アンケートをとり前回のような失敗がないようにしました。

 

 

 

 

そんな中、マキの母親がまた倒れてしまいます。

 

 

 

女性のための新商品の開発と社長代理によりマキはまた忙しくなりますが、大野のサポートによりマキと大野の関係は深まっていきました。

 

 

ある日マキは大野の同僚の青山から大野が誰とでもできるということを聞かされます。

 

 

 

疑心ができたマキはその日に大野に会いますが大野のことを疑ってしまいます。

 

 

 

マキは大野の「『セックス=愛』だと思っていない」という発言を誰とでもセックスができるという風にとらえてしまい過剰反応してしまい、喧嘩になってしまいました。

 

 

 

 

しかしよく考え、「セックスだけで愛情を図っていない」ということが伝えたかったのだと気づき、大野に連絡をして仲直りしたのでした。

次の日海外へ出張に行くというので、大野に会いたくなったマキは彼のいる成田空港のホテルに向かいました。

 

 

 

 

情熱のアレ 第3巻 感想

 

マキと大野が付き合うことになりましたね。

 

実際に「好き」という言葉は発していませんが、

始めは苗字呼びだった二人が名前とあだ名で呼び合う仲になったので、

関係が深くなっているのがわかりますね。

 

 

大野の語る場面が意外と多いのですが、彼は女性の気持ちを汲み取って発言している感じがあって、共感できることも多いです。

 

 

でも、一見完璧男に見える大野にも黒歴史がありそうですね。

これだけイケメンな彼氏なので、きっとライバル的な存在の女の子も出てきそうです。

 

赤塚は振られていますが、マキのことが諦められない感じがあります。きっとその辺りでまた一波乱ありそうですね。

 

次の巻がラストでしょうか?楽しみです。

 

『情熱のアレ』を【無料立ち読み】

 注意 : 検索窓に” 情熱のアレ ”と入力してくださいね。

 

  

 

情熱のアレ第4巻ネタバレ➡